法話板

10月のおだいしさまのことば

おだいしさまのことば

解説

私たちは必ず両親よりこの世に生を授かります。自分一人で生まれてくることはなく、自分一人で育つことはできません。

そして、両親から頂いたこの命は、先祖から脈々と繋がれてきたものです。生まれてから現在に至るまでには、たくさんの他の命との関わり合いがあり、支えられ、自分の命が存在するのです。その奇跡のような命の繋がりを思うとき、自分の命の有難さ、自分が受けている恩の大きさが計り知れないものだと気づきます。だからこそ、私たちはその恩に報いるためにも自分の命を大切にし、その生活を大切に生きなければなりません。そして、自分の命と等しく尊い他人の命に対しても、正しく接する必要があるのです。

私たちが受けてきた恩。それを有難く受けとめ、感謝をし、その恩に報いることができるよう努めてまいりましょう。

バックナンバー

2018(平成30年)
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

ページの先頭へ